四分の三の着想

演出家「清水みき枝」の活動報告。「劇団と仕事と趣味を両立しながら走る記録~想いをかたちに・・・~」
劇団スリークウォーター稽古風景や、諸々の仕事風景も発信中!

演出日記☆

劇団本体が役者バトルロイヤルしている中

新しい方々との出会いや
初めて演劇に触れる方たちと
基礎稽古に励む週末

ここには新鮮な発見が毎度、幾度となく。

「まだまだ募集していますよ。」

以下ご案内です!
――・・・★――・・・★
スリークウォーター劇団本体は、只今バトルロイヤル公演と題して役者としての地盤を固める公演に向けて猛烈稽古中!
ワークショップは、それとは別に、初めて演劇に触れる方から、基礎力を上げたい役者さんまで、1回でも2回でも、そして5回でも気軽にご参加できるのが特徴。
ステップ1は超基礎の基礎。体のしくみや声の性質や、自分を知ることからスタート!
ステップ2は基礎力から台本を使っての演習までの全般を養います。
ステップ3は、ステップ2に参加している事が条件で、発表会を目指して劇団員と共に作品を作っていくワークショップになります!

――・・・★――・・・★
今からのステップ1の参加もOK

日時:12月4日(土)・12月11日(土)13時~17時
場所:練馬春日町
ご希望の方は、劇団ホームページ申込みフォームよりご連絡くださいね♪
http://www.3quarter.com/

――・・・★――・・・★
劇団Blogもチェックしてね★

公演稽古が本格化し、稽古場ブログの更新頻度が大幅アップ!
役者の素顔から公演情報まで、いろんな情報満載です。
週明けは、ブログチェックが◎
http://blog.livedoor.jp/karasu_3quarter/

b3730b38.jpg















10月30日公開基礎稽古を行いました。
たくさんの方の参加ありがとうございました!

新しい風は、刺激になります。
いろいろな発見があります。
始めて参加された方が、真剣に稽古をみてくれている目から、緊張をいただけるこの日が私は好きです。
劇団員にも、その緊張が伝わり、
それぞれの思いと重なり、
舞台稽古の時とは違う空気がそこに生まれるのです。

模写に集中する者
セリフをすぐ覚える者
アピール場所をみつける者
とにかく真っ直ぐ演じる者
ただただ必死な者

すべてが新鮮な時間でした

何よりも、五期生や研修生が皆、喜ばしい成長をしていた事が嬉しかった。

スリークウォーターは、次の企画に向けてスタートを切りました。
一味違ったスリークウォーターになると思います。

今後の展開に、是非ご期待くださいねっ!

スリークウォーター第9回本公演
「新撰組~幕末鎮魂歌」
全日程無事に終了いたしました。

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
狭い客席の中、ご協力いただいた事
アンケートにご記入にただいた事
温かい声をかけていただいた事
この場をかりてお礼申し上げます。

ご協力いただいたスタッフの皆様
客演してくれた6名の役者達・・・
感謝しております。

ありがとうございました。


パンフレット掲載の挨拶文より

昨年の『本能寺異聞』終了後、次なるテーマとして『新撰組』が用意されていた。

本格的な殺陣稽古が準備され、日常のストレスを発散するかのように木刀を振る役者達。

そんな中、脚本部は、世の中の幕末ブームにもまれながら、『歴史』という最大の敵と戦うことになった。

脚本家の嘘ではとうてい切り崩せない重さのあるこの『歴史』に、スリークウォーターはどう立ち向かえばいいのか・・・。

答えは稽古場にあった。

斬って、斬って、斬られて、斬って・・・。人を斬り続ける稽古を1時間もすると、疲れを通り越した虚しさが込み上げてくる。『新撰組』の役に付きたいと、がむしゃらに刀を振る姿に、飢えている様が投影されてくる。そんな、今できることを精一杯する役者の姿が、この鎮魂歌(レクイエム)を生んだ。

 

―どう死んだじゃなくて、どう生きたかだ。

100年先の奴らまで、この魂はずっと流れていくだろう。

そいつらがまた、答えをだしてくれる―

 

京都には、琵琶湖と同じくらいの水量の地下水が存在しているという。・・・ずっと昔から。

温度も変わらすに、湧き出ているこの地下水が、命を繋ぐレクエムのように感じた。

 

今年は役者24名とういう最大人数でお送りする本公演。新たに加わった劇団員5期生6名と、客演大浪将行を迎え、今年から始まったワークショップから、5名の有志が参加してくれました。

お陰様でいろいろな方々のお力添えがあり、本日が迎えられる事、感謝いたします。

最後までごゆっくりお楽しみください。

スリークウォーター演出 清水みき枝

IMGP0932














IMGP0817














IMGP0909

 

 

 

 

 





IMGP0901

 

 

 

 

 

 




IMGP0922













公演ギャラリーはこちら
スリークウォーターHP
http://www.3quarter.com/

全日程終了いたしました。ありがとうございました。

shinsengumi
演出日記
こちら


劇団
稽古場Blog
こちら


劇団HP
PC
こちら


劇団HP
モバイル
こちら





予約
チケットのご予約はこちら


~~公演詳細~~

ThreeQuarter第9回本公演
「新撰組~幕末鎮魂歌~」


原作:山口敦史
脚本・演出:清水みき枝

劇場:中野ウエストエンドスタジオ
日程:2010年10月8日(金)~11日(月・祝)

料金:予約・前売¥2,500
   当日¥3,000
    
日時指定・全席自由

【スタッフ】

音響:竹田雄
照明:仲光和樹(E♭)
舞台美術:吉野章弘
企画・製作:スリークウォーター

【出演】

斉名高志 大浪将行 石月賢史 布袋田雅代 あすか 山口敦史
藩地真世 金城道 TOSHIKAZU  宮内陽平 有園邦弘
瀬川英実 山口圭三 田村紗雪 羽生亜矢子 森田ゆき子(Wキャスト)
大川秀治 権兵衛 ナンシー常夏
 鈴木万里絵(Wキャスト) 鈴木瑞穂  金馬由季 坂口佳美 永合伸行


【地図】
map
スリークウォーターオリジナル作品第5弾は、劇団の総力を挙げて挑む時代劇「新撰組」。
「武士に憧れ、己の正義の為に生き抜いた男たち」「愛に焦がれ、それを支えた女たち」
時代を生きた人間たちへの想いを紡いで繋ぎ、役者達の魂をのせ、ひとつの鎮魂歌がここに生まれる―。

【あらすじ】

―京の都―

幕末の動乱が過ぎ去り、
穏やかな川の流れが聞こえるある日、
刀を打ち続ける女の前に一人の男が帰ってきた。

「見事な最後でした。
あの人は最後まで誠を背負って立っておりました。」

男が手にしていたものは、
己の信念を貫いたある隊士の刀。

時の流れに抗いながら、
隊士と共に生きたその刀の魂が今甦る。

湧き出る魂よ、響け。

 

IMGP0801 

 浅草です。

今日は、舞台で使う刀のイメージを膨らませに、
斉高と陽平と、浅草まで。







IMGP0806IMGP0809 

 

 

 






人がいっぱい。
外人さんいっぱい。
世間は夏休みなんですね。

おみくじ引いたり
おまいりしたり
ハンバーグにアイス

これでも
小道具ツアーです(汗)
IMGP0810

↑このページのトップヘ