今年は「激動の時代を生き抜く」をテーマにバトルロイヤル公演を連続で行っています。
b10_omote
b11_omote

二つ並べると…なんだか面白い。

前回の第十弾は今年の3月『学生運動編-革命-』というテーマで「全力に共に闘う」情熱芝居を行いました。
5名の退団者から新たに入団した5名の新人(12期前期生)へ、そのパッションをバトンパスし…
今回の第十一弾は『幕末編-魂-』というテーマで行う「自分の信じた誠を貫く」武士道芝居…なのです。
今回の公演終了後に12期後期生が誕生します。


連続…というのは、いつもの公演パターンだと、
3月にバトルロイヤル公演を上演し、
秋頃、本公演…といったパターンなのですが、

次の本公演が、先に来年の2月に決定した為、
また、活きの良い研修生が沢山集まった為、
3月と9月にバトルロイヤル公演を連続で上演し、
そこで誕生した「新劇団員と共に、本公演を打とう!」という、計画になったからです!

劇団の「入団者大量獲得作戦」且つ「劇団員の磨き直し」には、バトルロイヤル公演が最適!
作品を作るという最大の目的に向かうのはどんなに小さな公演でも同じですが、
バトルロイヤル公演は、音を立てて劇団が回りだします。
組織の強化、運営の勉強としては、とても良いのです。

何が役者バトルだ!
という声も聞こえますが、
これほどまでに、劇団を鍛える公演はありません。
劇団運営に悩まれている方、是非とも挑戦してほしい企画です。
大事な事は二度言いますが、
劇団の「入団者大量獲得作戦」且つ「劇団員の磨き直し」には、バトルロイヤル公演が最適!

今回で11回目となりなすが、
この過酷な役者バトルを経験して劇団員になった劇団員は、…30名はいるな。
時間があったら今度数えてみます。数えた事なかった。
現在劇団員の数は34名なので…50名には近いかもです。


因みに、
バトルロワイヤルではなく、バトルロイヤルにこだわってます。

プロレスのポスターみたいって言われます。
狙ってます。


今年で劇団創立12年目…
そして12期生誕生。
数字が揃うのは、今年まで。

来年からは、2年に一度のバトルロイヤル公演になります。
だから、14年目に、13期生誕生…
16年目に、14期生誕生…
となります。


だから、今年は特別。
お祭りみたいな企画なのです!
12期生に期待大なのです!


公演前に、やっとblog更新したね、というメッセージ、沢山ありがとう。
稽古が終わって、ちょいと余裕ができてきましたの。