創立十周年企画
スリークウォーター第十四回本公演
「そこのそこ」

作・演出:清水みき枝

2015年11月21日(土)~23日(月・祝)
中野 ウエストエンドスタジオ



人が集えば何かが起きる。想いがあれば形になる。そうして歩んできた十年がここにある。
スリークウォーター創立十周年を記念し、総力を挙げてお送りする今回の作品は、年に二度発行している「すりくぉだより」の人気コラム『百物語をさせてくだサイナ。』とのコラボレーションが実現!
不思議な現象を説明する手段が妖怪ならば、説明できない心を具現化するのが役者である…と集まった19人の役者達。十年の想いを乗せて、再びウエストエンドに登場!
ちょっとおかしなお化け屋敷での物語―。私達と一緒にのぞいてみませんか?
soko_omotesoko_ura


1新聞紹介2新聞紹介

劇団員が描いた過去5年分の妖怪絵が、今回の脚本の参考になってます。
過去の新聞の記事は劇団のBlogで公中です!!こちらをご覧ください。

★あらすじ★
京都千本通りにある「あぐりの館」。
お化けのいないお化け屋敷として有名なこの館には、
のぞいてはいけない井戸があった。

管理人の御子柴(みこしば)からある四人に手紙が届く。
そこにはたった一言こう書かれていた。

―あぐりをよろしく―

御子柴の大学の同期であり絵描きの亀ノ井鴨。
その妻であり、御子柴とも馴染みの亀ノ井その子。
御子柴の大学の後輩であり雑誌社の記者である加藤米多。
そして御子柴の親友であるが人間ではない妖怪雲外鏡…

四人の周りで起こる数々の不思議な現象。
神の御業(みわざ)か、妖怪の仕業(しわざ)か…

このお話は、手紙をきっかけに、
久しぶりに訪れたあぐりの館での、
忘れられない十日間の物語―。
----------------------------------
◆ 料金 ◆
前売:2,500円 当日:3,000円 
---------------------------------- 
◆ ご予約 ◆
携帯からの予約はこちらをクリック!


[PR] 勤怠システム ゴールドカード FX初心者 FXシストレ 

---------------------------------- 
練馬区中野区にお住まいの方は、特典をご用意させていただいています。
是非、劇団ホームページをご覧ください。

ご予約&ご来場、お待ちしております!